会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


ローズマリーのスタンダード仕立て

真っ直ぐ伸びた幹の上に、ぽっこりとした球状の葉を形作るスタンダード仕立て。
ツゲやバラ、ゴールドクレスト、ベンジャミンなど、いろんな樹木で盛んに作られていますね。
これをローズマリーで手作りしてみましょう。成長が早いので、比較的短期間で手軽に作れます。また葉が細かいので仕上がりがかわいいんです。香りもよいし、日の当たる窓辺におくインテリアグリーンとして、またとないステキな一鉢になりますよ。
小さな苗から、1年中いつでもはじめられます。

まず茎が12p以上ある苗を用意し、4号以上の鉢に植えます。茎に沿って支柱を立て、茎を添わせて5センチ間隔でビニールタイでゆるめに止めつけ、これを主幹とします。ローズマリーには立ち性とほふく性がありますが、ほふく性のものでも支柱を立てればスタンダード仕立てにできます。
主幹の下半分の枝葉は付け根から全て切り取ります。

主幹の先端が仕立てる予定の高さに達するまでそのまま成長させ、頭頂部の芽の先端を切り取って成長を止めます。横から出ている枝も軽く剪定し、わき芽を出させるようにします。その後はわき芽が伸びてきたら随時切ってさらにわき芽をふやし、を繰返して、徐々に球状に形作っていきます。

細かな作業なので、先端の細いよく切れる剪定鋏を使ってくださいね。
年数が経つと葉が密に繁り、きれいな球形になってきます。小さな紫色の花も咲かせてすてきです。鉢は1,2年に1回大きいものに植え替えてください。