会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

リース型プランターの植え込み方



パンジーやビオラの苗を使って、かわいいリースを作ってみませんか?秋から冬、春まで可憐に咲き続けます。クリスマスシーズンにもぴったり!リース型プランターを使った手軽な作り方をご紹介します。

<用意するもの>
メッシュプランターラウンド(麻布つき)・培養土・ビニール(水抜き穴を複数個所あけたもの)・水ゴケかグリーンモス(装飾用)・植物の苗

植えつける植物の量の目安:
・直径40cmのリングで3号ポット苗約10株
・直径35cmのリングで3号ポット苗約8株
・直径30cmのリングで3号ポット苗約6株

リースに適した植物:
小輪系パンジーやビオラ。一緒にアイビー、ハツユキカズラ、リシマキア、シロタエギク、スイートアリッサム、ブルーデージーなど、花が小型で草丈が高く伸びないものを植えてもすてきです。
アイビーやハツユキカズラは1ポットに2〜3本の苗が植えてあることがありますので、その場合は1本ずつ分けて使います。

<作り方>
1.苗の配置を考えて円形に並べ、デザインを決めます。

2.リース型プランターの中に麻のライナーを敷き(予め敷いてあるものはそのままで)、その上にビニール(水抜きの穴をあけて)を敷いて培養土を少し入れます。

3.苗をポットから抜き、根の周囲の固い土を少しとり除き、軽く根をほぐします。植物同士のバランスを見ながらリース型プランターの中に配置し、培養土を足しながら株元を手で押さえるように植えていきます。植えつけるスペースは狭いのですが、ここでしっかり培養土を入れるのが上手に作るコツです。

4.全て植え終わったら、乾燥を防ぐために植えつけた苗の周囲に水ゴケまたはグリーンモスを敷き、たっぷり水を与えます。

※植え込み直後は草姿が少し乱れますが、次第に落ち着いてきます。1週間ぐらい風のあたらない半日陰で養生してから、日当たりのよい場所に飾りましょう。水遣りの際に液肥を規定倍率にうすめて与えると、次々に花を咲かせます。

※リース型プランターを用いない場合は、チキンネット(ビニール亀甲網)などをカットして円形に形作り、水ゴケを敷いて使うこともできます。