会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

蚊連草(カレンソウ)

夏の蚊よけに、話題の蚊よけ植物です。夏は蚊が多くてお庭に出られない、という方はぜひお試しください。蚊連草は遺伝学者ファンリーニ氏が長年の実験的異種交配により研究開発した植物です。秘密はその「香り」。蚊連草に含まれる「シトロネラール」は蚊に対する忌避効果と蚊の二酸化炭素察知能力を低下させる効果があるといわれています。
蚊を全く寄せ付けないわけではありませんが、蚊連草にとまった蚊は炭酸ガスを察知する能力が鈍り、刺しにくくなります。

新芽の香りに蚊よけの成分がありますので、適度なところで剪定し、いつも下から新芽が出ているように管理してください。葉の枚数が多いほど香りも強くなります。

育て方:
大きな鉢に植え替えて日光によく当ててください。水やりは、土が乾いた時に鉢底から水が流れるまでたっぷりあげて下さい。乾燥した土壌を好みますのでいつも湿った状態は避けるように注意してください。日当たりのよい場所で育ててください。肥料はバランスの取れたものが最適です。施肥時期は3月中旬〜7月下旬、9月中旬〜10月下旬に、2〜3週間に一度、化成肥料2〜4gを施してください。霜や地面凍結には耐えられませんので、冬季は日のあたる暖かい室内にとりこんでください。新芽が伸びる際に芳香力が大きくなりますので、適度な間隔で剪定をし、いつも新芽が出ている状態にしてください。冬季は凍らない環境で管理できれば冬越しが可能です。