会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

寒肥


1月の園芸といえば、寒肥を施すことと種まきの準備です。
寒肥は庭植えの樹木や花木にとって年間でいちばん大切な肥料。
12〜2月までが最適期です。
花木や果樹は休眠中ですが、効き目の長い緩効性有機肥料を根元に施しておきましょう。
肥料のやり方は、樹木の樹冠(張っている枝のこと)先端から垂直に下の地面を深さ30cmほど掘り、腐葉土、堆肥、有機肥料を埋め込みます。春に芽や根が伸び始める頃から徐々に効き始め、植物が順調に生育します。
この時期に作業しておけば、春以降にもし追肥ができなかったとしても、生育不良になることはありません。