会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

ラズベリー(キイチゴ)の栽培方法



ラズベリーが健康フルーツとして注目されています。ポリフェノールが豊富(ブルーベリーの約2倍)。動脈硬化や癌の原因となる活性酸素の働きを抑え、血栓の予防にもなる成分です。高血圧や冷え性の人には特におすすめです。また、エネルギーの燃焼を促すクエン酸や肌の調子を整えるビタミンCも含んでいるので、美容にも効果的だそうです。
ラズベリーの香り成分に脂肪を分解する作用があることが発見され、ダイエット食品としても注目されはじめています。
生では傷みやすいため、店頭にはあまり出回りません。強健で耐寒性も強く、家庭での栽培は容易です。鉢植えでも栽培できます。甘酸っぱくて栄養たっぷりのラズベリーをぜひ育ててみてください。

ラズベリーは落葉小低木で、シュート(株元から出る新しい枝)やサッカー(地下茎から出る枝で、株元からは離れた位置に出てくる)で広がり、新しい枝は2年経つと枯れるため、株の位置が数年で移動します。庭植えの場合は数年元に植え替えて位置を調整します。鉢植えの場合も、1〜2年に1度植え替えたほうが良いでしょう。また、枝が半直立性やほふく性の品種も多く、放任すると樹形が乱れますので、支柱を立てて枝を結束したり、垣根仕立てなどにして整えた方が扱いやすいです。

栽培適地:
夏に冷涼な気候を好みますが、非常に強健なのでどんな場所でもよく育ちます。日当たりのよい場所に植えてください。夏の強い西日は苦手なので、西日が当たらないように管理します。

植え付け:
落葉期の11〜2月が最適ですが、ポット植えの苗ならいつでも植え付けできます。植え付けの際、枝を20cmほどで切り戻し、深植えにします。

剪定・整枝:
1〜2月に細い枝や短い枝、枯れ枝、込みすぎた枝を株元から切り取り、残した苗は先端を3分の1くらい切り詰めます。
一季なりのラズベリーは、1年目に伸びたサッカーやシュートに翌年実をつけるので、1年目は切らないようにします。2年目に実をつけた後は枯れるので、完全に枯れる前に切り取ります。
二季なりのラズベリーは、1年目に伸びたサッカーやシュートに7月頃花を咲かせ、8〜9月に結実します。実がついた部分は枯れますが枝が残り、その枝が翌年の結果母枝となるので切り取らないようにします。収穫後に枯れた枝は冬までに切り取ると良いでしょう。

肥料:2月と収穫後に速効性肥料を根元に施します。11月に元肥として腐葉土や堆肥などの有機質肥料(鉢植えの場合は固形の油かすを数個程度)を施します。また、2〜3年に1度石灰を施します。

収穫:
果実が実るのは7月頃からですが、梅雨時は実が傷みやすいので、雨除けをするとよいでしょう。果実は生食のほか、ジャム、ジュース、ソースなどに利用できます。