会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

種まきの方法:容器の選び方

種には「平鉢・ピート板・育苗箱・プラグトレー・ポット」などにまく方法があります。
大きさや性質に合ったものを選んで、しっかりとした苗へ育てましょう!

1.平鉢:小さな種向き・ばらまき


平鉢の画像細かい種は発芽率が低いので、たくさんまいて間引きます。平鉢に土を入れて平らにならし、指で種を摘まんでパラパラとまきます。

ふるいで薄く覆土したら、種が流れないように底面から吸水させるようにしましょう。水を上からかける場合は、ごくこまかな霧吹きなどで。

植え替えをしたくないなら、コンテナへ直接まいても良いです。



2.ピート板:小さな種向き・ばらまき


ピート板の画像こちらも細かい種向きで、市販の物は水を吸って膨らむ土の板と受け皿がセットになっています。ピート板は表面が滑らかになっている方を表(種をまく側)にします。

ピート板を受け皿の中に入れ、水をたっぷり注いで給水させます。膨張してふかふかになったところに種をパラパラとまき、ふるいで薄く覆土。

水やりは受け皿の端から染み込ませるようにあげましょう。



3.育苗箱:小〜中くらいの種向き:条(すじ)まき


育苗箱の画像ばらまきにするには少し大きめの種は、育苗箱にまきます。箱に土を入れ平らにならしてから、板や定規などで等間隔に溝を掘ります。深さ約1p、間隔2〜3pくらいが良いでしょう。

その溝に、指先を使って1粒ずつ種をまきます。

ふるいで薄く覆土したら、種が流れないように底面から吸水させましょう。



4.プラグトレー:中くらいの種向き:点まき


プラグトレーの画像プラグトレーは小さな区画で区切られ、底に穴が開いた育苗用のトレーです。

土を区画にていねいに詰め、各区画に種を1〜2粒ずつまいて、ふるいで薄く覆土。

育苗箱や1回り大き目のトレーに入れて底面から給水させるか、細かいハス口を付けたジョウロで水をあげます。



5.ポット:中〜大き目の種向き:点まき


ポットの画像直根性の植物(スイートピー、ヒマワリなど)は移植すると根が傷むことがあるので、ポットにまくか直まきで。ポットに土を入れたら水を注ぎ、軽く湿ったら平らにならします。

割りばしで深さ2pくらいの穴を2〜3か所開けたら、その中に1粒ずつ種を落とし込んでいきます。

まき終わったら周りの土を寄せるようにして穴をふさいで、十分に水を与えましょう。





ご注意タネの中には、好光性(光が必要)のものと嫌光性(光があると発芽できない)のものがあります。 また大きさに関わらず、直まきが適したタネもあるので、 対象の品種は商品ページや種子袋などでご確認ください。