会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


ガーデンデザイナーさんおすすめのグランドカバー

秋から冬にかけて、花壇の草花が少なくなる頃は、思い切った模様替えに最適な季節。グランドカバーの植え替えを考える方も多いかと思います。

一般的な品種はといえば、芝生、芝桜、リュウノヒゲ、ジャノヒゲ、笹…と名前が挙がります。でももうちょっと珍しいもので、かわいい花が咲いたり葉色がきれいなものはないかしら?
候補になりそうな品種はいろいろありますが、グランドカバーとなれば常緑、宿根性で這性であるうえに、ものすごく強健であることが必須条件です。
ここはやはり、プロの目で厳選されたものが一番。
そこで、造園業者さんやガーデンデザイナーさんが最近好んで使われるというおしゃれなグランドカバー品種をピックアップしてみます。

○ウツボグサ(セルフヒール)
日本の山野にも自生するウツボグサですが、園芸品種は花も大きくきれいです。ほふく性でびっしり地面を覆い、とてもおすすめ。

○コモンスピードウェル(薬用ベロニカ)
たいへん丈夫なグランドカバーで、手間がかかりません。小さな青い花もかわいい。

○カモミール(ダブルフラワーとノンフラワー)
ハーブとしてはポピュラーなカモミールですが、上記2種はグランドカバーとしても優秀な多年草品種です。よい香りはカモミールそのもの。若干蒸れに弱いので、年に2〜3回、特に梅雨前に刈り込むのがコツ。

○オレガノ:ノートンズゴールド
金色葉の観賞用オレガノです。耐寒性がつよく、その上夏の高温期でもきれいな葉色を保ちます。

○リピアカネスケンス(イワダレソウ)
とても優れたグランドカバー。川の土手、田んぼのあぜなど、農業用にも利用されているそうです。

○ベロニカ:ゴールデントリハーン
明るい黄色の葉に、鮮やかなブルーの花。とても印象的な品種です。緑や紫葉のものと組み合わせるといっそう鮮やか。

○ビンカミノール
ビンカミノール(ペリウィンクル)には白花、紫花、斑入り紫種などがあり、どれも非常に強く、日陰でも育ちます。グランドカバーのほか、吊り鉢やロックガーデンにも似合います。

○ハナクルマバソウ(クルシアネラ・スティローサ)
ピンク色の小さな花がポンポン状に咲き、かわいい。耐寒性・耐暑性とも強く、地面を這うように広がります。蒸れに若干弱いので、排水のよい場所で。

上記の品種はいずれも、グランドカバーだけでなく花壇や鉢植えでも楽しめます。
ほかにサギゴケ、アークトセカ、リシマキア、セダム、アジュガなどもおすすめ。下記のケース販売のページに入っていますので、ご覧くださいね。