会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

夏越しのコツ

灼熱の太陽のもと、あまりの暑さにぐったりとしている植物も多いです。
夏が好きな品種でも、この暑さをしのぐのはたいへんです。
そこで今回は植物の暑さ対策をまとめてみました。

○日よけ
夏の午後の日差し(西日)は、多くの植物にとってダメージが大きいもの。
特に、葉が柔らかく大きなものや斑入り葉品種は、日焼けで変色したり弱ってしまったりすることがあります。
鉢植えなら、樹木の下など半日陰になる場所に移しましょう。
午後の日差しの強すぎる時間帯だけでも、寒冷紗などをかけて半分くらい日光をさえぎると葉やけを防ぐことができます。
寒冷紗を使う際は、横に渡した支柱などにかけ植物よりもかなり浮かせ、風通しを確保するのがコツです。

壁面に斜めに支柱を何本か立てかけて網を張り、そこに朝顔、きゅうりや苦瓜などのつる性1年草を這わせ、日よけを作るのも面白い方法です。
繊細な植物の鉢植えはその陰に入れて夏越しできます。

○水切れ
この暑さの中では、小さな鉢植えはあっという間に土が乾燥し、植物が脱水状態になり枯れてしまいます。ブルーベリーやつつじなど、根が浅い植物は特に水切れに弱いので注意してください。
水切れしかけて葉がぐったりしているのを見つけたらすぐに日陰に移し、バケツに水を入れて鉢を半分くらいつけて回復を待ちましょう。
水切れ対策には、常時少しずつ水を与えることができる自動潅水システムが便利です。簡易タイプの家庭用システムや、ペットボトルを利用するごく簡単な道具もあります。
いずれも、使用場所の環境や植物にあわせて、様子を見ながら水量などを調整して徐々に使いこなしていくのが大切。

○根焼け
薄い鉢や黒っぽい鉢に植えてあるものは、直射日光が当たると鉢に熱がこもり、根焼けを起こしてしまいます。鉢を2重にしたり、断熱性の高い発泡スチロールのトロ箱などにいれて浅く水を張ったり、植物を鉢ごと地面に埋め込んだりすると、鉢の温度を下げて根焼けを防ぐことができ
ます。

○輻射熱
マンションのベランダや建物の壁面などのコンクリート面は、日中強い日差しが当たるととても熱くなり、夜も輻射熱を発し続けます。
植物にとって、日中の輻射熱は耐え難いものですが、夜間も温度が下がらないのはさらに厳しい環境となります。
輻射熱を和らげる工夫をしましょう。
床面に鉢が接している場合は、ポットフットや花台を利用して上に持ち上て、直接熱が伝わるのを防止します。
また、熱のこもる壁面からはなるべく遠くに離します。
壁面は、よしずやたてすを立てて日光をさえぎると、かなり輻射熱を防ぐことができ、室内も快適になります。
また可能であれば、夏になる前につる性植物を這わせて壁面を葉で覆っておけば直接日光が当たらず、効果的です。
エアコンの室外機から噴出す熱風も植物にはアウト。噴出し口近くに植物を置かないようにしましょう。
朝・夕の水遣りの際に、植物だけでなく、熱くなった床面や壁面にもシャワーで水をかけておくと、水分が蒸発する際の気化熱により、温度を下げることができます。

洋風のたてすも便利です