会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


鉢に入る土の容量



鉢植えの土を用意するとき、どのくらいの量が入かわからず困ることがありませんか?
鉢は容量表示のないものが多いです。鉢底石と土を入れ、上辺はウォータースペースをとるため2〜3cmあけ、植物の根についている土も入るし、と考えると、必要な土の量がわかりません。

標準的なサイズの鉢に入る土の容量は下記の通りです。

標準的な鉢に土を上辺から1cm下まで入れた場合の容量
12号(直径36cm) 13〜15リットル
10号(直径30cm) 8.4リットル
9号(直径27cm) 7.3リットル
8号(直径24cm) 5.1リットル
7号(直径21cm) 3.5リットル
6号(直径18cm) 2.2リットル
5号(直径15cm) 1リットル
4号(直径12cm) 0.6リットル
3号(直径9cm) 0.3リットル

プランター(長さ65cm) 12〜13リットル

ここから、鉢底石と植物の根土分を差し引けば、必要な土の量がわかります。よく使うプラ鉢の容量を覚えておき、そのプラ鉢を軽量カップとして使うと便利です。

さらに大きな鉢や変形鉢の場合は下記の計算で要量を割り出すことができます。

内径の半径×内径の半径×3.14×高さ(鉢が円柱形だった場合の全体の容量)の6〜7割

大きなテラコッタなどは鉢の厚みを考え、内径で計算します。植える植物の根鉢が大きい場合は、さらに少なめに見積もります。

こうして軽量した土で植物を植え込んだら、土が余ってしまった、という場合は、根の周囲に十分土が入っていないことがあります。植え付け後、割り箸で鉢の周囲の土をよくつついてみましょう。下の隙間に土が入り込み、まだどんどん上から入れられます。根の周囲にしっかり土が入っていないと、根が弱り枯れる原因になりますので、植え付け後は確認してくださいね。