会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


6月のハーブのお手入れ

○6月のハーブ

気温も上がりさわやかだった5月にはさかんに生育したハーブですが、6月に入りさらに気温が上がって、入梅すると、この気候を苦手とするものと、ちょうどよいものに分かれるので、それぞれに適した管理が必要になってきます。
多くのハーブは地中海やヨーロッパを原産としますが、これらは、高温多湿を嫌います。鉢植えは置き場所を工夫しましょう。バジル類やナスタチューム、レモングラスなどは、気候が生育に適しているので、ルンルンしていますよ。


○6月の管理のポイント

置き場所:
日当たりのよい戸外がいいのですが、入梅したら鉢植えは高温多湿を嫌うタイプは、雨が当たらない風通しのよいところに移し、台の上に置くなどしてやりましょう。地植えは水はけがよいことが条件です。
     
水やり:
梅雨入りまでは、乾燥が速いので鉢植えは水やりの間隔に注意し、鉢の土が乾いたら十分に水やりをします。バジルやカモミールは適度な湿度が必要で、ミントやレモンバームはむしろ乾燥を嫌います。梅雨だからとうっかりして水きれさせないよう、気をつけて下さい。地植えは植え替え直後以外は極端に乾燥するときだけで十分。

肥料:
2ヶ月に1回を目安に施肥します。セージやローズマリー、ラベンダーなどはチッ素分が少なめ、他はチッソ・リン酸・カリが同量の緩効性化成肥料にします。

病害虫:
アブラムシが発生しやすいのでよく観察し、見つけしだいやっつけましょう。セリ科(パセリやディルなど)にはこの他にもカメムシやアゲハの幼虫、乾燥するとハダニも発生しやすいので注意をしましょう。バジルなどではナメクジの食害にも要注意です。


○地植えにはマルティングを

鉢植えは置き場所を変えて、高温多湿を嫌うハーブを救うことができますが、地植えはそうもいきませんね。梅雨入りする前に、株元にワラやバーク堆肥などをしいてやりましょう。こうすると、雨などによる泥はねを防いで、病気にかかりにくくなります。それだけでなく、雑草が生えにくくなり、地温が上がりすぎたり、乾燥しすぎるのも防止できるので、忘れずマルティングしてあげてください。


○むれの防止の刈りこみ、枝すかし    

5、6月にさかんに生育して枝や葉が密生してしまったものは、梅雨入り後の高温多湿にむれてしまい、下葉が腐ってきたり、伸びすぎて倒れやすくなります。
タイム、ラベンダー、ローズマリー、サントリナなど、切ってもすぐに芽を出す萌芽力の強いものは、思いきって株の半分から3分の1ほどを刈りとってしまいます。ただし、葉やわき芽をすっかり落としてしまわないよう気をつけて。セージなどは枝の数を減らして風通しをよくします。
立ち性のローズマリーの枝をすかす場合は、枝の付け根で切るようにしましょう。途中で切るとそこからたくさんの枝ができて、倒れたり姿が乱れてしまうからです。 


○植えつけ・植え替え、たねまき    

ミント類、レモンバーム、レモングラスなどでは植えつけ・植え替えができますが、できるだけ早めに済ませましょう。
タイム、ラベンダー、ローズマリーなど地中海沿岸を原産とするハーブは気温が25℃をこすと発芽しにくくなります。ディルやミント、レモンバーム、バジルなどではまだOKです。


○挿し木

刈り込んだり、枝をすかしたものを挿し木しましょう。ラベンダーやローズマリーなど高温多湿を嫌うものは、梅雨に入る前に挿し木をして明るくて涼しい日陰で管理します。ゲッケイジュやレモンバーム、ミントなどは、梅雨に入ってからでも だいじょうぶです。


○ハーブティ、ハーブバスを生葉で楽しもう!

6月にはレモンバームやミント類は大きくしげるようになリます。いまの季節は生葉でハーブ類を楽しむ絶好の季節です。これらはたくさん収獲しても、すぐにまた伸び始めるほど繁殖力おうせい。思い切りよく切り取ってしまうほうが、夏を乗り切るのにもいいのです。それでも余るなら乾燥させて密封保存しておきましょう。