会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

5月のバラのお手入れ

○新苗の植付け

5月は4月に引き続き、新苗(1年苗)の植付け期です。蕾がついているものも多いのですが、春の蕾は全て摘み取って株の生育に努めるようにしましょう。


○病気予防と発生時の対策

気温が上がり、病虫害が最も発生しやすい季節となりました。開花中はなるべく薬剤散布をしないほうがよいのですが、被害を見つけたらすぐに手当てをするのが大切です。

うどん粉病
バラにはつきものの病気です。少しだけであれば、病葉を摘み取ります。予防薬はダコニールですが、発生してしまったらミラネシン、トリフミン、サプロールを散布します。強健な株であれば、夏になる頃には症状がおさまります。

黒星病
葉に黒い斑点ができ、葉が黄ばんで落葉します。そのままにしておくとかれてしまう場合もありますので、直ちに手当てを。特効薬はサプロールです。展着剤を併用するとより効果的です。 

*ハダニ
肉眼ではみえないほどごく小さなダニで、葉裏に寄生します。葉の表面に細かい斑点が現れたり、内側にそって乾いたような感じになります。葉裏はくもの巣が張ったような感じになれば、間違いなくハダニがいます。普通の殺虫剤では効きませんので、ハダニ専用の駆除剤を使います。

○水、肥料、その他の手入れ

5月のバラは盛んに成長し、とても水をほしがります。鉢植えの場合は決して水を切らさないよう、注意してください。地植えの場合も5月中は水遣りを。毎朝、1株あたりバケツ1杯くらいを目安にたっぷり与えます。

成長中は速効性の液肥を定期的に追肥しますが、蕾がひらきはじめたら肥料はストップします。
また、植えつけ直後の苗には肥料は決して与えないようにしましょう。根がつかないうちは、肥料負けして枯れてしまう場合があります。

次々に開花しますが、花が咲き終わったものは花柄つみをします。放置しておくと見苦しいばかりでなく、樹勢を落としたり、次の蕾が挙がりにくくなる原因となります。花がらを摘む位置ですが、花のすぐ下の3枚葉の下までは必ず切りとります。さらに、その下の5枚葉、2〜3葉のうち、外側を向いている葉のすぐ上の位置で切ると、その5枚葉の根元から外向きに新しい枝が伸びて、樹形が整います。


○バラ園に行ってみましょう

5月は各種のバラがいっせいに開花しますので、大きな公園や植物園、バラ園などではバラのショーが盛んに開催されます。ぜひこの時期におでかけになって、いろいろな品種を実際にご覧になってください。

なかなか実物の見られない珍しい品種にも出会えますし、今後育ててみたいバラを見つけるのに、とても参考になります。