会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

4月の芝生のお手入れ

○コウライシバの張りつけはもう終わりましたか

3月から4月にかけてが、シバ張りにちょうどよい季節です。今年は暖かなのでまだなら大急ぎで…。
3月に詳しくのせましたけれど、おさらいのつもりでポイントだけ。
・植えつけ場所は、日当たりがよくて水はけがよいこと。
・イキのよい元気な苗を選びましょう。
・シバを張る場所を、20〜30cmの深さまでよく耕しましょう。
やせた土地なら緩効性肥料をまぜておきます(1uあたり100gほど)
・平らに張ることが大切。「目地張り」が経済的です。
・ソッド(土付きの板状のシバの苗)を踏み固め、地面と密着させます。
・ソッドとソッドのすき間に土をしっかり詰めこみます。
・目土かけをします。
3ミリ目以下のふるいで土をふるいながら、シバの葉先が隠れない程度に土をかけます。全体が均等に平らになるようにならします。
・もう一度、しっかり踏み固めます。
・水浸し、になるくらいたっぷりと、2、3回潅水します。


○傷んだ部分を張り替えましょう

作業は3〜5月の間に。やり方は新しく植えつけるのと大差ありません。一部だけが傷むのは、その部分だけ、生育条件が悪いということです。原因は何なのかを突き止めましょう。
張り替えをするときに、薬剤を散布したり、砂を入れて水はけをよくするなど、必要な対策をわすれずに。


○目土をいれて、春からの生育に備えましょう

植えつけて1年以上たった芝生には毎年1回、4月はじめに栄養分に富んだ用土(目土)をシバに薄くかけてやると、芝生が密にしあがります。
目土を入れる前にローンスパイクという道具で、芝生全体に穴をあけます。目土をかけるやり方はシバの張り方のところをご覧ください。


○雑草抜きをしっかりと    

気温が上がってなたね梅雨で雨がよく降るようになると、シバは急に生長をはじめます。みるみる緑が広がっていく様子に心踊る思いですが、同時に雑草も活動開始…。庭にはできるだけ薬剤を使わないようにしたいもの。そのためには、手におえなくなる前に雑草と見たらすぐに抜き取ること。それも、鎌の先などを使って掘り起こし、根こそぎ、確実に抜いてしまうことです。ほふく茎で広がるシロツメクサや根の深いタンポポなどは、とくに注意が必要です。


○日本シバへ肥料を    

日本シバは西洋シバより少し遅れて生育をはじめます。肥料は年3回、4、6、8月に施します。
まきやすくて、肥料あたりをおこしにくい芝生専用の化成肥料がよいでしょう。なければ、チッソ・リン酸・カリが同比の化成肥料でもかまいません。1uあたり40〜50g(一握り大)程度を、均等になるようまきます。肥料は多すぎると雑草や病虫害が多くなり、耐寒性を弱めることにもなりますから、少な目を心がけてください。