会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

1月の芝生のお手入れ


西洋シバは夜間保温を
寒さに強い種類の芝でも、霜や寒さで葉色が褐色に退色したり、黒ずんだりします。夜間は不織布やシートなどを掛けて保護、保温すると効果があります。

雑草抜きをしましょう
出来るだけ除草剤を使わないで雑草退治を心掛けたいもの。そのためには1月といえども、雑草を見つけてこまめに抜き取る作業が欠かせません。
この時期には、秋に発芽して越年するスズメノカタビラ、オオイヌノフグリ、ノゲシ、ハルジオン、ハハコグサ、ナズナ、ハコベ、カラスノエンドウ、オランダミミナグサや、通年生育するオオバコ、チドメグサ、シロツメグサ、セイヨウタンポポなどが見られます。
タンポポやハハコグサ、ナズナのようにロゼット葉で越冬するものが多く、べったりと地面に張り付いていて、引き抜きにくいものです。根を残さないように注意しましょう。なかでも刈り込んでも負けないスズメノカタビラや、ほふく茎で繁殖するシロツメグサ、チドメグサなどは小さいうちに見つけてきちんと除去しておくと春から先が楽です。