会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

7月の球根のお手入れ

○7月の球根類 

花の終わったアマリリスは生育期中。半日陰において球根を育てます。
ヒメノカリス、サンダーソニアに続き、ダリアやユリ、グラジオラス、カンナ、グロリオサなど、春植え球根が次々開花します。
秋植え球根は休眠期です。
リコリスなど夏植え球根の中には、そろそろ植えつけ時期のものがありますから、忘れずに。


○7月の管理のポイント

カラーは梅雨の高温多湿に弱いので、雨よけをし、日差しも半分くらい遮光する必要があります。
グロリオサは真夏の直射日光、特に西日は避けましょう。
他の春植え球根はおおむね日当たりを好みます。 

水やり:
だいたいこの季節に花の咲く春植え球根類は乾燥が嫌いです。
水やりは十分に。
が、球根に直接水をかけないように気をつけましょう。

肥 料:
グラジオラス、カンナには月に1、2回、化成肥料の1000倍液肥を施します。
他はいりません。


○アリウム、ラナンキュラスの球根の堀上げ 

掘りあげ時期、掘り上げ方、保存については他の秋植え球根類と同じです。
アリウムは実生でも分球でも増やせますが、球根を取りたいときには、花のあとに、再度液肥で追肥しておきます。
ラナンキュラスは6月下旬から7月はじめに掘りあげてもかまいませんが、日陰に移して夏越しをさせ、秋を待って掘り上げる方法もあります。
この場合は水やりは1ヶ月に2回程度とします。 


○ユリ、グラジオラスの支柱立て

草丈があり、花の大きなユリやグラジオラスは倒れやすいので、支柱をたてておくとよいでしょう。

グラジオラスは最近は草丈もさまざまで、今までのイメージを変えるようなものも出てきています。植えつけてから約100日で花を咲かせますから、7月初旬に植えつければ9月末から10月のは
じめに花が見られるかもしれません。


○夏ズイセン(リコリス)の植えつけ

夏ズイセン(リコリス)は、かのヒガンバナの仲間です。
中国や日本が原産で、日本の風土にあっているせいか、球根を掘りあげたり、乾燥させたりする手間がかからないのが、なにより魅力です。
色も赤以外に白、黄色、クリーム色、薄紅紫などがあります。

地植えが適しています。
水はけよく半日以上日が当たるところなら、どんな土壌でも大丈夫です。
球根は買ってきたら乾燥しないうちに早めに植えつけてください。

植えつけは10〜15cm間隔、深さは8〜10cmにし、緩効性化成肥料を少し土の上に施しておきましょう。
肥料は少しでよく、追肥もいりません。


○来年もシクラメンを咲かせるために−3    

25℃以上の高温期に入り、葉の数も少なくなります。生育もほとんどしない状態になります。
このまま徐々に生育させて夏越しさせる(非休眠法)方法と、葉をすべて枯らしてしまう(休眠法)方法があります。
ガーデンシクラメンは比較的暑さに強いので、休眠させずに夏越しすることがわりと簡単にできます。
休眠させるかどうかは、残った葉の数が10枚以上あるかどうかで決めます。
ガーデンシクラメンはどちらかというと休眠させない方が、成功率が高いようです。

置き場:
直射日光や雨の当たらない涼しくて風通しのよい、北側などに。
    
水やり:
休眠株は水がかからないように別にしておきましょう。
非休眠株はこれまでと同様に扱いますが、葉の数が減る分、必要とする水は減るので、くれぐれもやりすぎて根ぐされを起こさないように。水やりはもちろん涼しい朝か夕方に。
底面給水の場合は1週に1度は受け皿の水を取り替え、水は皿の半分程度に止めます。

施 肥:
休眠株には与えません。
2週間に1度とし、カリ分の多い液肥を2000倍と薄くし水やりを兼ねて与えます。ガーデンシクラメンは週に1回にしましょう。

病害虫:
球根が割れたりしなように、ベノミル剤を散布します(非休眠株)。
乾燥するとホコリダニが発生しますから、殺ダニ剤を。