会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

7月のお手入れ全般

○7月も2つの顔を持つ季節  

7月は上中旬は梅雨末期の高温多湿、時に豪雨、そして下旬は梅 雨明け10日といわれる真夏の炎天、と、はげしい変化がみられる月です。
6月から1ヶ月あまり、カラ梅雨でもない限り、どちらかというと日照不足だったところへ、真夏の太陽が照りつけますから、植物はびっくり仰天、ぐったりなのです。
春から秋にかけ生育する植物も、関東以西では夏の間生育を休んだり、ときには傷んだりくさったりして、夏を越せないこともあります。
花の少ない時はついケアもなおざりになりがちですが、夏場を元気で乗り切れるよう、いっそう愛情をかけてあげましょう。


○夏越しの工夫をしましょう

梅雨どきの高温多湿を乗りきったところで、次に待っているのが7月半ばから9月にかけての真夏の炎天。
この真夏を乗りきる工夫をあげてみましょう。

・直射日光を和らげる

ことに梅雨明け直後は、日光不足のところへ急に強い日差しに当たるので、日焼けしてしまうことがあります。
寒冷紗やよしずなどで直射日光を和らげたり、鉢植えなら置き場所をかえたりしてあげましょう。
ただし、寒冷紗などをかけたために風通しが悪くならないように注意。むれるのを防ぐのには、風通しのよいのが1番大切ですから。

・鉢植えの置き場所の工夫

夏至を1ヶ月も過ぎると、太陽もだいぶ傾いてきて、ベランダなどではかなり奥にまで入り込むようになります。すると、照り返しや夜の間の温度が下がらなくなるために、植物がダメージを受けやすくなります。
鉢はじかに置かず、棚に置いたり吊るしてやると、効果的です。
鉢の間隔をあけ、詰め込みすぎないことも大切です。
耐陰性のあるものなら、いっそ、北側の明るいベランダにでも移すとよいでしょう。
もちろん、太陽が大好きのものもありますから、それぞれの性質に合った場所を選んでやりましょう。

・マルティング

乾燥しすぎたり、地面の温度が高くなるのを防ぐのに、ミズゴケやバーク、腐葉土などで株のまわりの土をおおっておきましょう。
グランドカバープランツでおおうのも同じ効果が期待でき、見た目も素敵です。
鉢植えなら一回り大きな鉢にすっぽり入れる2重鉢も効果的です。

・風通しをよく

切り戻したり、枝をすかして風通しをよくしてやりましょう。


○真夏の水やり

梅雨が明けてからのギラギラの太陽のもとでは、庭植えでも水が不足。水やりが気になる季節です。
水やりは朝か夕方の涼しい間にしましょう。水やりする人間もらくです。時間をかけてたっぷり、が基本です。
でも、勢いよく水をかけて泥はねさせないように注意してください。葉が土で汚れると、病気の原因になることがあるからです。

日が照りつけて暑い昼間は蒸れるので水やりは避けますが、水が切れしおれてしまっていたら、そんなことも言っていられません。
鉢なら日陰に移してすぐに水をやってください。

夕方には葉にも散水してやると、まわりの気温も下がって効果的です。ただし、中途半端ではかえって蒸れる原因になります。
したたるぐらいにたっぷりと…。


○秋の花の準備

コスモス、ジニア、サルビア、マリーゴールドなどのたねまきをします。