会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

8月の芝生のお手入れ

○8月のシバ

コウライシバは南国生まれ、この暑さをものともせず、いや大喜び、というところです。生育は最高潮。施肥と刈り込みに励めば励むほど、密で美しい芝生になります。少々の乾燥でも水をやればすぐに生気を取り戻します。 

逆に、寒地育ちの西洋シバは完全な夏ばてです。ほとんど、休眠状態で葉の鮮やかさもうせてしまいがち。裸地のような状態になることもありますし、病気や害虫も発生しやすいので、十分なケアが必要です。
 

○8月の管理のポイント    

水やりが大変なら、市販の家庭用のスプリンクラーを使うとよいでしょう。
シバ張りや目土入れは適期ではないので行いません。
コウライシバについては、7月に引き続き中旬頃までが、更新作業の適期です。更新作業をした場合は目土を入れます。

水やり:
コウライシバは乾燥に強いですが1週間に1度は、たっぷりと水やりしましょう。コウライシバは日中に散水しても問題ありません。
西洋シバには毎日1度、朝のうちに水やりします。
日中はいけません。

施 肥:
コウライシバには、チッ素分が10%ほどのシバ専用の化成肥料を1uにつき30g与えます。月に1度です。
西洋シバは暑さで弱っていますから、10g程度と少し。
オーバーシーディングしたシバでは、暖地性のシバのために40gと多めに施します。


○刈り込み

コウライシバは、生育がさかんですから月2、3回、2cm高で、西洋シバは、月に1回、2〜3cmの高さに刈りましょう。
オーバーシーディングした芝生では月3回、2cm高に。
サッチ(シバの刈りかす)はすぐにクマデでかき出して処分しましょう。


○西洋シバの病害虫防除と除草

生育おうせいで、密に張っているコウライシバでは、病害虫の発生も、雑草もあまりありません。 
ところが、暑さに弱い西洋シバはダラースポット病に代わってブラウンパッチが多発します。ベンレートなどの殺菌剤を散布します。
排水が悪いと赤焼け病が出ます。急速に広がるので注意が必要です。やはり殺菌剤でキャプタン剤などが有効です。

害虫は7月に続き、シバツトガやスジキリヨトウが発生します。
不定形に枯れはじめたら、これらの害虫を疑いましょう。
スミチオンなどの殺虫剤が有効です。

裸地状になると雑草が侵入してきますから、こまめに抜きます。
こけが生えることもあります。取り除いて目土を入れておきますと、シバの回復が早くなります。