会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


9月のクレマチスのお手入れ

1. 9月のクレマチス

クレマチスも冷涼な気候を好みます。残暑が続いているとはいえ、9月にはいって中旬ともなれば、朝夕の涼しさを急に感じるようになりますが、こうなると、クレマチスはがぜん元気を取り戻して、秋の花を咲かそうと、枝を伸ばし始めます。
これから霜が降りるころまでは、来年の春の花の準備期間にあたりますので、株を充実させ養分を貯めさせるように管理しましょう。
台風のシーズンですから、つる性のクレマチスは風害を受けやすいので、十分な対策が必要です。 

2. 管理のポイント

置場所:
鉢植えの場合、残暑の厳しい上旬、中旬までは西日をさけ半日くらい日の当たる場所におきますが、その後は風通しよい、よく日の当たる場所に移動します。 台風の時は室内に取り込んでやりましょう。
水やり:
鉢植えは上、中旬は1日1回午前中にたっぷり与えます。 庭植えは雨が少なければ4〜5日に1回午前中にたっぷり。 長雨の時は溝を掘るなどして、排水に注意してください。 9〜10月の間に来春の花芽ができます。夏の盛りが過ぎたからといって、あまり水を控えてしまわず、むしろ水切れしないよう注意してください。
施肥:
9月上中旬は盛夏に準じ、2週間に1度の目安で800〜1000倍の液肥を施します。涼しくなったら週1回500倍の液肥を与えます。 下旬になったら、追肥として骨紛やリン酸、カリ分の多い発酵有機質肥料、草木灰を与えましょう。 分量は庭植えなら一握り、鉢植えなら5号鉢で15g、6号鉢で25gです。骨紛を与えると枝が充実しよい花を咲かせます。緩効性化成肥料(5号鉢2、3錠)でも構いません。

 

3. 整枝、剪定、誘引

8月の下旬までに剪定していない場合、花がらを取って、新梢の先端を少し切る程度に止めます。この時期から来春の花芽ができますから、強く剪定すると来年の花に影響が出るからです。この点、くれぐれも注意してください。
8月の剪定の後伸びた枝葉誘引しておきましょう。


4. 植えつけの適期

涼しくなった9月下旬から10月中旬は、植え付けにぴったりの季節です。また、根詰まりしているような株は植え替えし、追肥をしておくことが、来春立派な花をたくさん咲かせるのに不可欠です。
植え替えの時は、根鉢を崩さないようにしましょう。

<庭植えの場合、植えつけ場所の選定が一つのポイント>
クレマチスは日当たりと多肥、水分を好みます。また、弱酸性から中性のやわらかで保水性のある土壌を好み、直根性で移植を嫌います。そのため、庭植では予め植えるのにふさわしい場所を探し、苦土石灰をまいてよく耕し土壌改良をしておくことが大切です。
<庭植えの方法>
植えつけ場所に径、深さ40〜50cmの穴を掘り、掘りあげた土にパーライトやくん炭を混ぜます。植え穴に完熟牛ふんをショベル2杯分入れて、底の土とよく混ぜます。その上に掘り上げた土を穴の深さの半分ほど戻します。 植えつける株は5号鉢以上に植えられるような大きな株。根鉢は崩さないで、1、2節は埋まる程度に深植えにします。 植えつけ後はたっぷりの水をやり、枝を剪定しておきます。
  
<鉢植えの方法>
直根性で根がまっすぐ下に伸びますので、深鉢にします。 鉢植えの場合は用土が大切です。よく肥えてふかふかした通気性のよい土にしましょう。例えば、調整ピートモス(ピートモス6、パーライト2、パーミキュライト2の割で配合した土に化成肥料を混ぜたもの)6、くん炭2、完熟した牛ふん0.5、パーライト1などの割合で混ぜたものを使います。 苦土石灰も少々入れて酸度調整をしておきましょう。 鉢植えの場合も1、2節は埋まるほどの深植えにするのがポイントです。ツルをからませるあんどん型支柱やトレリスを立て、枝先3分の1を切り詰めておきます。 大粒の緩効性化成肥料を5号鉢で5つ、鉢の縁に埋め込み、水をたっぷりと与えます。



5. 台風対策

庭植えの場合、葉がたくさん付いているとあおられて風害を受けやすくなります。
支柱が腐っていないか、結び目はしっかりしているかなど、よく確認しておきましょう。万一、不具合があったならしっかり固定しましょう。天気予報には常に注意をしていましょう。