会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


11月の芝のお手入れ

1. 11月の芝生
寒さに弱いコウライシバは多くが11月に花を咲かせ、生育停止期に入ります。花は黒っぽい穂のような花。そのままにしておいてかまいません。 冬から春にかけての雑草をこの時期に取り除いておきます。 寒さに強い西洋シバは先月に引き続きさかんに生育して、5月と同じくらい見事な緑のカーペットになります。9月にタネをまいたばかりでも11月にはもう立派な芝生のできあがりです。 オーバーシーディングした芝生では、コウライシバは隠れて、すっかり西洋シバに覆われてしまいます。
2. 11月の管理
水やり:
コウライシバには与えません。 西洋シバには、晴天が続いて乾燥している場合は週に1〜2回散水します。
施 肥:
コウライシバは施しません。 西洋シバには化成肥料を1uあたり30g施します。
病虫害:
とくに心配なものはありません。


3. 刈り込み


コウライシバはしません。 西洋シバは月2回、刈り高2.5oと低めに刈り込みます。


4.  除草


生育が旺盛な西洋シバは、冬の雑草がのさばる余地がありませんから問題はありません。 コウライシバは色が褪せてくる分、雑草が目立つようになります。10月に引き続き、この時期にうまく除草をしておくことです。 例えば、スズメノカタビラは普段はシバとの見分けが難しいのですが、この時期はシバが色あせるのに対し、緑が鮮やかなので判別がつきます。 また、カタバミは冬を越すと除草が難しくなります。今のうちに球根ごとていねいに抜き取っておきましょう。


5. 雑草以外のお邪魔ムシ:苔と藻


もしかして、芝生に苔やら藻が生えたりしていませんか。 藻は、シバが病気や害虫のためにはげてしまったところに、光が当たると発生することがあります。特に西洋シバで多く見うけます。 苔は、日陰に多いものですが、日当たりの芝生でも水分が多いと、発生するタイプがあります。 これらが芝生に広がると、排水が悪くなりますから悪循環で、ますますのさばることになりますから早めに手当てしましょう。 苔は手で取り除き、その穴に目砂で埋めると回復しますし、十分に施肥していると生えてきません。が、やっかいなのは藻です。排水に努め、どうしても駆除できなければ、非常手段として消石灰30gを1リットルの水に溶かし、散布します。ただし、年1回以下に止めましょう。