会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

オリーブ




モクセイ科の常緑果樹です。

<栽培方法>
置き場:根元の過湿に弱いので、日当たりがよく、水はけの良いところに植えてください。平均気温15度以上の温かい場所を好みます。日光を好みますので、日当たりの良い場所に植えてください。良い収穫になる条件は、日照時間が長い場所に置くほど良い収穫が期待できます。
鉢植えの場合は、1〜2年に1度、一回り大きな鉢に植え替えて下さい。
冬期,マイナス10度にも耐えますが、マイナス5度以下が何日も続く地方では枯れることがありますので、室内にとりこむかフレーム等で保護してください。
また、幼苗のうちは冬季はなるべく室内にとりこんでください。

水やり:乾燥に比較的に強いのですが、花芽がつくられる冬や開花結実期に乾かしすぎると、実つきが悪くなります。鉢土が乾いたら、鉢底の穴から流れ出るまで、たっぷり水を与えてください。

肥料:
庭植えは2月ころ、鉢植えは4月・10月ころに、緩効性肥料を与えます。


剪定:
随時、すかし剪定を行います。樹形づくりや木の若返りを図る強剪定は休眠期の2月が適期です。

結実の条件
「ミッション」のように自家受粉して実をつけるものもありますが、殆どの品種は自家受粉しないので、2種以上を一緒に植えます。






果実の利用法
未成熟の、または成熟した果実は塩漬けやピクルス、しょうゆ漬けにします。また、成熟した果実からオリーブオイルを絞ります。

しょうゆ漬け
きゅうりのしょうゆ漬けなどと同様です。食塩水に数日漬けた後、しょうゆに漬けこみます。
オリーブオイルの作り方
成熟した実を摘み取り、水洗いして乾燥させた後、皮・果肉・実ともに圧搾して油を絞ります。イタリアではモラッツェ(MOLAZZE)と呼ばれる石臼を使用する方法が用いられます。つぶす時のダメージが少なく、熱をかけないため、油が風味豊かにになるといわれている伝統的な方法で、いわゆる“コールドプレス”と呼んでいます。
オリーブの実100kgから採取できる油は約20kgです。