会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


バラの植え方とお手入れ(オールドローズ)

オールドローズは樹形により3タイプに分類され、お手入れ方法が異なります。

・ブッシュローズ
株立ち性で自立し、丈が低い。四季咲が多く、日当たりのよい場所に植えます。当年に伸びた枝の先端に開花するので、花がらをこまめに切ります。冬剪定は古枝を付け根から切り、伸びた枝も新芽の上で刈り込みます。

・シュラブローズ(半つる性)
樹木などに覆い被さるように伸びます。一季咲きが多く、前年に伸びた枝の先端に開花するので、冬剪定で強く刈り込まないようにします。フェンスなどに誘引し、自然な樹形を生かします。植え付けから3年は剪定不要です。

・クライミングローズ(つる性)
樹木やトレリスに絡みつくように伸び、フェンスや壁面にも向きます。一季咲きが多く、日の当たる方向に枝を伸ばすので、多少根元が暗い場所でも植えられます。前年枝に開花します。冬剪定で古い枝を切除し、前年に伸びた枝をトレリス等から外して整理し、形よく誘引しなおします。花後は花がらを摘み、その後に伸びる新梢を大切に管理します。

栽培は1日3時間以上日のあたる場所で。元肥として堆肥、乾燥牛ふん、骨粉等を十分入れます。鉢植えは大苗で10号を目安に、赤玉土6、腐葉土4の混合土で肥料は混ぜずに植えます。ポット苗はポットの土を崩さず植え付けます。露地植えは50cm四方の穴を掘り、肥料を混ぜた土を半分位戻し、堀り土を重ねた上に植え付けます。支柱を立て、たっぷり水遣りします。根まきの場合は根を広げて植え付けます。鉢植えは固形肥料を月1回置き肥し、10日に1回薄めた液肥を施します。

春・秋はうどんこ病が発生しますので、ミラネシン等で消毒します。発生後より予防のほうが効果があるので定期的に散布します。病気が発生した枝葉は切り取ります。アブラムシ、ハダニなどは専門薬で駆除します。6〜10月の黒点病はTPN剤で月2回消毒します。夏には伸びた枝を軽く切り戻し、冬の半量を目安に施肥します。花がらはこまめに切り取ります。
12〜2月に寒肥を施します。根元の周囲を深さ30cmほど掘り、堆肥バケツ1杯、骨粉・油粕を合計800g入れて埋め戻します。1〜2月に冬剪定と枝の誘引を行います。鉢植えの土替え(植え替え)は年1回、12〜2月に行います。