会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

土中堆肥づくり

有機肥料である堆肥は、土質を改善してくれる上、安全で無害です。
緩効性で植物も丈夫になるので、積極的に使いたい肥料です。生ゴミ、枯葉や刈り取った雑草などを材料にして、家庭でも作ることができます。

コンポスターを使うと簡単に作れますが、もっと手軽な方法として、「土中堆肥」の作り方をご紹介します。文字通り土の中に材料を埋めて、そのままゆっくり発酵・堆肥化させる方法です。

庭に深さ30センチほどの穴を掘り、生ゴミや枯葉、雑草などを入れ、あれば鶏糞を一握り加えて土と混ぜます。上から土を10センチ以上かぶせ、そのまま少なくとも2、3ヶ月おいておきます。
これだけでOKですが、上手に堆肥化させるためには、いくつかコツがあります。
まず、早く発酵するよう、材料はギュッと絞るくらいによく水切りして使うこと。水分が多いと腐敗して悪臭を発し、うまく発酵しなくなってしまいます。
また、材料を細かくカットしておくと熟成が早くなります。
匂いが気になる場合は、材料に混ぜる土や上からかける土をふやせば大丈夫。
熟成していない堆肥を使うとかえって植物の根を傷めるので、発酵が完了するまでは根が触れないようにすること。植物を植える際は、土中堆肥を作っている場所から少し離しましょう。根が伸びる頃に熟成も完了して、植物の成長を助けられるようになります。
野良猫やカラスがひっくり返しそうな場所なら、上から網をかぶせるなどの注意も必要です。
鉢やプランターの古土も、よく乾燥させて混ぜこみましょう。古土は生ゴミの水分も吸収するので一石二鳥です。

咲き終わった草花などを抜き取った場所は、こうして土中堆肥を入れてしばらく休ませると、またふかふかの良い土になります。