会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


秋から育てるハーブ

9月に入り、秋らしい気候になってきました。街には、早くもブーツを身につけた女性の姿も見られます。植物たちも、秋もようになる季節。
日本の夏で弱り気味だったハーブたちも、そろそろ元気をとりもどすころでしょうか。
種まきをしたり、苗を植えつけたりするのに、ちょうどよい時期です。

ハーブは、春か秋のどちらかにまくほうがよいもの、春か秋どちらでもまくことができるものがありますが、ほとんどは、発芽温度さえ管理してあげればいつでも種をまいて栽培できます。

<春がおすすめ>
アニス、ウォータークレス(クレソン)、オレガノ、クミン、サマー・セイヴォリー、スイートバジル、スイート・マージョラム、セージ、タイム、タラゴン、チャイブス、ナスタチューム、ヒソップ、フェンネル、マスタード、ミント類、ラベンダー、ルー、ルバーブ、レモンバーム、ローズマリー、ワイルド・ストロベリーなど

<春・秋どちらでも>
アンゼリカ、カモミール、キャットニップ、コリアンダー、スープ・セロリ、ソレル、ダンデライオン、チャービル、ディル、パセリ、ボリジ、ポットマリーゴールド、ルッコラ(ロケット)、マーシュ など

<秋がおすすめ>
キャラウェイ、ラヴィッジ、ワームウッド など

主なハーブの種まきの時期をまとめてみると以上のようになりますが、ワイルド・ストロベリー、スイートバジルなどを除いて、発芽温度と生育温度を管理すれば、いつでも栽培を始めることができます。

ウォータークレス、マスタード、コリアンダー、スープ・セロリ、ソレル、チャービル、ディル、パセリ、マーシュ、ルッコラなどは、種をまいてたくさんの株を育てて、どんどんサラダなどのお料理に使いたいハーブ。一年草のハーブや、たくさん収穫したいハーブは、種からの栽培がオススメです。