会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

鉢ものの水やり



■夏の間、鉢物の水遣りは大事な作業になりますので、注意点をおさらいしてみます。

●基本は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと、鉢底穴から水が流れるまで与える。こうすると土全体に水が行き渡る過程で新鮮な空気が入り、根にとってもいいのです。
毎日少しずつやっていると、一定の場所ばかり水が通るようになり、水が染み込まない部分ができて根が枯れます。
また、ずっと全体が湿った状態で水遣りを続けると、土に空気が通らないため、根腐れを起こしてしまいます。

●水遣りの時間は朝がベスト。または日の落ちる夕方5時以降に。日中は温度が高すぎて、まいた水がすぐにお湯になり植物を傷めます。

●水の温度にも注意を。ホースで水をまくとき、ホースの中にたまっていた水が熱湯になっていることがありますので、いきなりかけはじめないようにしましょう。
また、気温が高いときに冷たすぎる水も草花にはよくないので、できれば数時間汲み置きして使うとベストです。

●液肥を水に混ぜて与えるとほどよい追肥になります。成長期ですから、週に一度くらいは混ぜるとよいですよ。

●素焼き鉢や再生紙の鉢は側面からも水分が蒸散するため、乾きやすいです。プラ鉢のほうが乾きは遅くなります。
乾きが早くて困る場合は、もう一回り大きな鉢に入れて隙間に赤玉土などを入れ「二重鉢」にするといいですよ。また、鉢ごと地面に埋め込むのも乾燥予防になります。

●開花中の花鉢には上から水をかけないこと。葉や花から病気が出やすくなります。口の細いじょうろなどで根元から静かに水を入れましょう。
また、晴れた日の日中は葉に水をかけないこと。水滴がレンズのようになって光を集め、葉が傷みます。

●暑い日は鉢への水遣りと同時に、周囲の地面やベランダの床面にも打ち水をしましょう。水分の蒸発により、地面や周囲の空気の温度を下げてくれます。

● 雨の降る日も水遣りを。雨のかかり方にはむらがあります。
ベランダなどひさしのある場所に置いたものは雨もかかりにくく、水切れを起こさせてしまうこともよくあるんですよね。
これから夏の間はどんなお天気でも1日1回はじっくり様子をみてあげることが大切です。